イメージ
Career Story 01
理想の未来と、
自らの介在価値をつくり続ける。
佐藤 麟
東京本社 マネージャー
文学部卒(教育学専攻) 2014年入社
chapter 01
就職活動

企業選びの軸は「教育」×「ベンチャー(成長機会の多さ)」。
大学時代から教育関連の業界に興味を持っていました。かつ、働く環境として重視していたのは、成長できる機会が多いこと。そうした想いを就職エージェントの方に伝えたところ紹介してくれたのがセルムでした。その後、説明会に参加し特に印象に残ったのが、女性社員の方との面談でした。お話の内容は、仕事の内容やプロセスよりも、セルムで仕事をしていて嬉しかったこと、感動したこと、得られた経験などがメインで、それが私の心にすごく響きました。また、他の企業と比べて「採用の面談をしている」という印象がなく、「私という個人と対話をしてくれている」と感じられたのも好印象でした。
そうした人の良さに加えて、セルムのビジネスモデルに興味をそそられたのも入社の決め手のひとつ。「お客様が抱える本当のお困りごとは何か」を深掘り、紐解き、商材そのものを自らデザイン・カスタマイズする。既に形あるものを売るより、何倍も苦労するだろうと容易に想像できるだけに、自分を鍛えるには最良の環境だと確信することができました。
▼
chapter 02
新入社員時代

悩みながらも自分を信じて進むことで見えた、仕事の喜び。
入社後、関西支社に配属が決まり、先輩への営業同行、引っ越しを経て、2014年のゴールデンウィーク明けから本格的にセルムでのキャリアがスタートしました。先輩からは仕事のイロハも教わりましたが、常に考えさせられたのは「顧客の本当の悩み事」と「自分・当社の存在意義」についてです。仕事は、受身姿勢でタスクが渡されるのを待つこともできますが、「1年目だろうがプロである」という前提のもと、お客様の本質課題を聴き、共に解決策を共創することが期待されていました。営業同行時にも漠然と打ち合わせを聞いているのではなく、「なぜなのか」を常に考え、お客様の課題の背景に疑問を持ち、言葉の裏側にあるストーリーを想像する。まずはそれらを徹底することが大事だと何度も教えていただきました。
少しずつ仕事にも慣れ、初めて自分発のアクションで案件を受注できたのは、入社1年目の終盤。お客様である精密機器メーカーにおいて、製造現場のマネジメントをできる人材の育成が喫緊の課題として挙がっていました。課題解決のためには、マネージャーだけではなく所長・部長クラスの方も巻き込む必要があると考え、コンサルタント、所長、部長の方々を交えてセッションを実施。理想の事業所像に関して本音を交えた熟議を重ね、それを元にさらにプログラムを企画し、2015年4月からスタートさせました。有難いことにご好評をいただき、この取組みは他部門にも展開されるようになり、結果プログラムは7コースにまで増加しました。この経験を通じて、組織開発の考え方や、組織を束ねるリーダーの喜び・葛藤を学ぶことができ、その後の仕事にも多大な影響をもたらしています。
イメージ
この仕事における、佐藤さんの存在価値はなに?

あるお客様にこの言葉をフィードバックしていただいた時、恥ずかしさと申し訳なさ、悔しさで胸が激しくざわつきましたが、自分の価値創出に一層努めようと決意。このお客様とはその後仕事を通してたくさんの議論・対話を重ね、プライベートでも出かけるほど仲良くなりました(笑)。

▼
chapter 03
関西支社時代

理想の未来をイメージし、今やるべきことを考える。
入社3年目の頃、自分にとって大きな転機となったのが、アカウントプランの作成を始めたことです。アカウントプランとは、お客様といかにして関係を深め、その結果どのような質・量の仕事をご一緒していくかなど、中長期的な到達目標とシナリオを記したもの。それまでは、目の前で動いている案件をどう成功させて、次年度のリピート・新規案件に繋げていくかばかりを考えていました。アカウントプランの作成とは、そうした目の前のことを追うアクションとは異なります。お客様の「こうありたい」という未来をイメージ・共創し、実現に向けた目標を定めた上で、そこから現在に立ち戻って今やるべきことを決め、仮説検証していくことが重要になります。
未来と言えど現在の延長線上にあるので、数年後をイメージしつつも現在をしっかりと観察し、1カ月ごとにアカウントプランを更新して、社内のメンバーだけではなく一部お客様とも共有。プランを推進していくために、お客様とセルムのチームでミーティングを行ったり、役員レベルの方にもお話しを伺いに行ったり、「今」の案件増加にはつながらなくとも「先」の案件につながるようアクションを起こしていきました。すると、翌年から思い描いていたような仕事が目に見えて増加。振り返れば、アカウントプランに描いた通りにお客様との関係性・仕事が推移したことを通じて、仕事の進め方だけではなく、仕事を進める上での考え方も大きくレベルアップしたと実感しています。
イメージ
▼
chapter 04
東京本社

これまでのキャリアを活かしながら、初心に戻ってチャレンジを。
2018年4月にマネージャーに昇格し、その半年後に東京本社に異動することになりました。東京と関西の企業の違いで特に大きいのは、企業としての特色の出し方だと感じています。関西だと、他社と比べて独自性を出したいという企業が多いのですが、東京だと、業界トップに登り詰めたいという企業が多いように思います。そのため、お客様からも「一般的に見て最先端でユニークな人材育成・組織の在り方、仕掛けは何ですか?」というご質問を受けることがよくあります。このようなご質問にもお応えできるよう、お客様の業界理解や、その業界における最先端が何かといった事例の蓄積を、今後より一層意識的に行っていく必要があると感じています。
ただ、仕事において真に大切にすべきことはこれまでと変わりはありません。自分という存在が介在する意味を行動で示し、お客様の経営状況にまで視野を広げながら、未来を見据えた企画を立案し実行する。これまでのキャリアで培った経験を活かしながら、時に手放して全く新しい領域にも踏み込みながら、今後も邁進していけたらと思います。
イメージ
マネージャーとして心掛けていること

個々のメンバーが“らしさ”を発揮できることが大事だと考えています。一人ひとりが無理なく自然と出来てしまう“強み・良さ”は何か、苦手分野は何かを観察・対話し、その人らしさが開花していくよう、仕事・チームづくりをしたいと思っています。

▼
Next Step
「一人ひとりの個性と可能性」が花開く“学びの場”を創りたい。

日本の学校教育を根本から変えるようなプロジェクトに携わりたいと思っています。お客様の課題を抽出し企画を立てるというセルムのビジネスモデルは、学校教育の変革にも親和性が高いと考えているので、新規事業として立ち上げるにしても、セルムに籍を置きながらフリーで取り組むにしても、これまでの経験が活かせるのではと思っています。

project02イメージ

CAREER STORY 02
キャリアストーリー02

View more