イメージ

仕事とビジネスモデル
BUSINESS MODEL

セルムのビジネススキーム
パートナーシップとコンサルタントネットワークで、
最適解を生み出すプラットフォームを構築
大手リーディング
カンパニー
celm
漠然とした課題や未来に向けたビジョンを相談
←→ ←→
課題解決のための施策の立案と最適なコンサルタントを組み合わせ、「最適解」を提案
セルム
celm
知識や専門性を活かし、大手企業に影響を与えるプロジェクトの依頼
←→ ←→
理論、経験、ノウハウを提供
プロフェッショナル
タレントパートナー
celm
イメージ
業務の流れ
お客様とコンサルタントをつなぎ、
最適解を導くための業務フロー。
セルムの仕事はお客様に対する強い思い入れと質の高いコミュニケーションから始まります。
そしてすべての仕事は1社1社との強く、長いパートナーシップの道のりです。
ここでは、最適解を導き出し、施策の実行までの業務内容を体系化して説明します。
↓
ヒアリング
↓
中期経営計画、人事制度、トップメッセージ、最新の掲載記事、過去の研修における現場の声など事前にお客様に関する情報を収集し、その情報から読み取れるお客様が抱えている課題を想定しながらヒアリングをします。何より相談してもらえるような関係の構築が重要です。
↓
仮説の設定
↓
ヒアリングの内容をもとに課題の原因が何なのか、優先的に解決する必要があるのは何か、過去のノウハウや他社の実績などを活用しながら様々な「仮説」を立てていきます。優れた仮説はお客様への興味と役に立ちたいという想いから生まれます。
↓
仮説の議論
↓
立てた仮説をもとにお客様との打ち合わせを繰り返し行い、あるべき姿や目指す理想像を具体化しながら、解決策(研修)の大枠を策定していきます。
↓
コンサルタントとの打ち合わせ
↓
1,200名以上のパートナーコンサルタントの中から、お客様の課題を解決するために最適なコンサルタントを選び、または組み合わせてさらに具体的な施策(プログラム)にしていきます。この時、お客様の現状から要望の背景までを把握した上で、セルムとしての意見をコンサルタントに伝えなければなりません。
↓
プレゼンテーション
↓
課題を解決するためのプロジェクト内容とそれを実施する最適なコンサルタントを組み合わせ、「最適解」を提案します。研修をはじめとする施策は長期的な視点で成果を見なければなりませんので、お客様と期待値をすり合わせることが重要です。
↓
オぺレーション(実施準備)
↓
案件を受注した後、お客様とコンサルタントと連絡を取りながら施策の実施に向けた準備を進めていきます。研修の場合はテキストや事前課題、備品の1つに至るまで確認し、受講者が滞りなく研修を受けられ、コンサルタント(講師)が最大のパフォーマンスを発揮できる状態をつくります。
↓
アテンド
↓
実施の現場(研修)にも立ち会い、コンサルタント(講師)は期待通りのパフォーマンスを発揮できているか、受講者の反応は狙い通りか、目的を達成できているかを常に意識しながら、円滑に進むよう適切なフォローを行います。
↓
振り返り/次回提案
実施した評価、満足度、受講者の反応や発言などから修正する内容や新たに見えてきた課題はなかったかなどについて、お客様と共に振り返り、次年度に向けた改善や新たな施策の提案につなげていきます。
RECOMMEND CONTENTS
イメージ