創業者のような経営リーダーを
どう育てるか

株式会社セルム 代表取締役社長 加島 禎二

創業者のような経営リーダーが必要な時代

 ピーター・ドラッカー氏は、著書『イノベーションと企業家精神』の中で、「イノベーションとその重要性について最も興味ある例は、近代日本を創った〈明治〉である」と述べ、近代におけるイノベーションの成功例として日本の明治時代を研究しました。この時期の日本では、渋沢栄一のような、それまで武士だったリーダー達が実業家に次々と転じていきました。そして、当時の西洋の優れた「製品」を買い集めるのではなく、自国で同じレベルのものを作れるように、西洋の「技術」を自分たちのものにしていくことを基本戦略とし、そのための会社の仕組みや人材育成のやり方を一から創り上げていきました。つまり明治の実業家たちは、それまでの古い日本の上に、今までの仕組みを活かして、新しい日本を作り上げなければいけない、ということを確信していたのです。

 単に西洋に追いつこうとしたのではなく、日本のずっと先の行く末を大きく捉えて事を進めていったのだと思います。これこそが、創業精神、企業家精神の本質ではないでしょうか。そしてこの精神が、戦後までの多くの起業家たちに引き継がれていったことにより、日本は企業社会として目覚ましい発展を遂げることができたのです。日本はその昔、アントレプレナー大国だったのです。

 今、世界は第4次産業革命に突入し、大きな転換点を迎えようとしています。このターニングポイントに、企業が針路を定め、舵を切るために、今また明治から戦後まで引き継がれていったような創業精神、企業家精神が必要になっていると思うのです。

 それはすなわち、「創業者のような経営リーダーを育てることはできるのか」「どう育てればいいのか」という難題に向き合うことになります。

 当然のことですが、多くの大企業では時の経過と共に創業者から幾度となく代替わりをしてきました。代替わりを繰り返せば繰り返すほど、経営者にとっては「会社を倒産させないこと」が、最も大事な目標になっていきます。その過程で、創業精神が薄れていくのは当然のことと言えます。

 大きな社会の転換点を迎えた今、創業精神・企業家精神が希薄になっていることに、経営者が大きな危機感を抱いているように思います。「経営を託せる人材がいない」という言葉を多くの経営者から聞きますが、それは、自社の未来が見通せない時代だからこその苦悩を表しているように思います。

 かくいう私も創業者と長い間仕事をしてきた一人ですが、自分自身が創業精神を受け継ぎ、企業家精神を育む必要性を常々、痛感しています。そんな自身の経験と、これまで大企業の創業者の「経営塾(社長の私塾)」をサポートさせていただいた体験から、「創業者のような経営リーダーをどう育てればいいのか」について、具体策を提示したいと思います。 

  1. 1
  2. 2
  3. 3