World-class Company に
なるために

大阪ガス株式会社
執行役員 人事部長
藤原敏正 氏

グローバル化は、「する」「しない」という選択(preference)ができるものではなく、ビジネスの前提(precondition)であると捉え、「World-class Company」になることを宣言した大阪ガス。
安定かつ健全であることが使命であるガス供給事業を守りながら、新しい事業領域開拓にチャレンジする
同社の戦略・人事構想について執行役員 人事部長 藤原敏正氏にお話を伺った。

変化は必要で且つ、避けられない

加藤 大阪ガス様は中期経営計画「Field of Dreams 2020」の中で、グローバルなエネルギー・環境企業グループへの発展を宣言していらっしゃいます。そうお考えになった背景をお伺いできますか。

藤原 私たちは産業や生活の基盤となる都市ガスを供給していますので、私たち自身が現在・将来を通じて健全であり続けることが大事です。健全であることで地域の方に安定して都市ガスを供給できます。
都市ガスの原料となる天然ガスは国際エネルギー市場での価格の影響を大きく受ける産業ですので、都市ガスを供給するという現在の本体事業だけでなく、エネルギー調達の上流事業にもコミットして、バリューチェーンの上流・中流・下流間で補完しあう関係を築いておく必要性を感じています。 また、私たちは東日本大震災をきっかけに、エネルギー構造がガラッと変わる可能性を目の当たりにしました。2013年の11月から国でガスの規制緩和の検討も始まっています。これがどのような形で決着するかは未知数ですが、今後、「黒船来航」と同じくらい大きな変化があるかもしれません。大阪ガスが健全であるために変化は必要ですし、避けることもできないため、今、チャレンジをスタートさせています。
エネルギーの上流事業へのコミットということになると舞台は海外になり、我々にとって大きなチャレンジです。また例えば、不動産事業・IT・材料ソリューション事業など、非エネルギー事業の開拓にも積極的に取り組んでいます。

育成コースを2つに分け、実務の中からリーダーを育成する

加藤 新しい事業となると、仕事のやり方も変わりますし、それに伴って求める人材も変わってくると思います。

(図1) 人事制度の概要

藤原 今取り組んでいるチャレンジを支える基盤は、都市ガス供給を中心にした国内エネルギーサービス事業が健全であることが大前提で、この事業をきちんと経営できる人材は大事です。しかし、新しくチャレンジする事業に必要な人材要件とは異なるでしょう。そこで、2011年から役割期待別に「プロフェッショナルコース」「ゼネラル/スペシャリストコース」と、育成コースを2つに分けた人事制度をスタートさせました。
「プロフェッショナルコース」は、現場や業務のプロを育成することを目的としており、「ゼネラル/スペシャリストコース」は、ビジネスプランの立案やクロスボーダーの仕事での活躍を役割とする人材です。(図1)
「ゼネラル/スペシャリストコース」の育成体系としては、セルムさんにもご協力いただいて社内にGUPⅠ、GUPⅡ、MLPという3つの研修コースを開設しています。このコースは社内MBAのような位置づけで、MLPまでを受講した人材は、事業運営の知識・スキルのベースは身につけたとみなして経営幹部候補生としてキャリアを形成していく、そんなリーダー育成の仕組みを作っています。

Interviewer/株式会社セルム 取締役 加藤友希
2013.11月取材
※所属・肩書・記事内容は取材当時のものです。

海外に出ていくグローバル化 海外を取り込むグローバル化

  1. 1
  2. 2
  3. 3